キャッシングの無利息サービスを比較調査

キャッシング無利息比較/賢く便利にお金を借りる方法

キャッシング無利息 おすすめカードローン会社


独自のサービスで人気の「アイフル」

30日無利息キャッシング

公式サイトへ詳細へ


アコムでも無利息サービスが受けられる

初めての方にはお得

公式サイトへ詳細へ


プロミス

安心と信頼のキャッシングの「プロミス」

レディースキャッシングなどサービスも充実

公式サイトへ詳細へ

無利息キャッシングで無駄なくキャッシング

はじめてキャッシングを利用するときは、どこから借りていいのかよく分からないし、とても不安なものです。できるだけ信頼できるキャッシングで、なるべくお得にキャッシングするにはどうしたら良いのか?まずはキャッシングについてよく知るところから始まります。

 

キャッシングは、銀行系、信販系、消費者金融系と区別

それぞれの系列には、例えば、銀行系なら安心性は高いが審査が厳しい、だったり、消費者金融系は審査は銀行系に比べて優しいが金利が高い、というようなお互いにメリット・デメリットがあります。
正社員として働いている人であれば銀行系、主婦やアルバイトの場合は消費者金融系、という具合に、自分の現在おかれている立場でキャッシングを見るのが良いと思います。

 

金利と貸付上限金額の設定をチェック

これらは、キャッシングで借りたお金を何に使うかや、申込者の月々の収入、他に返済しているものがあるか、などによって変わっていきます。
金利が安ければ安いほど、返済するお金が少ないので嬉しいですが、金利以外の条件も含めた上で決める必要があるので、相対的な考え方をすることが大切です。

 

さらにうれしいサービスとして一定期間利息が付かないキャッシングというのもあります。

このサービスは展開しているキャッシングが限られています。
当サイトでは、無利息キャッシング可能な会社を比較し紹介しています。
せっかくキャッシングを利用するのであれば、無利息キャッシングでお得に!

 

無利息キャッシングの詳細についてはコチラ

 

無利息サービスのあるキャッシングがおすすめ

キャッシングを利用する際は、返済プランをしっかり立てて、確実に返済できる条件で融資を受けれるキャッシングを決めるように気を付けるのが良いと思います。無利息キャッシングもキャッシングを選ぶ1つのポイントにしてみてはいかがでしょうか?

 

プロミス

プロミスの無利息キャシングサービスがお得!!

 

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

初めてキャッシングするなら無利息を利用しない手はない!

初めてキャッシングするなら、無利息キャンペーンを展開している業者を利用するのがお得です。しかし、キャンペーン内容をしっかり読まないと、お得に無利息でキャッシングすることはできません。

 

各業者によって、1回目の借入の翌日からとしているところや、WEB明細の登録が必須となっているなど、条件がありますので、知らずに初日にキャッシングをして後から無利息でなかったということがないようにしましょう。

 

無利息キャンペーンが利用できる消費者金融

プロミスでは、メールアドレスの登録、WEB明細の利用が無利息サービスの利用条件となっています。初回利用から30日間が無利息期間となります。期間中であれば、追加分のキャッシングも無利息の対処です。WEB明細は、会員サービスにログインをして、書面受け取り方法登録・変更ボタンから、WEB明細を確認を選択して登録することができます。

 

アイフルの場合は、契約日の翌日から30日間が無利息となります。契約日に即日融資を希望している人は、無利息となりませんので気を付ける必要があります。また、アコムの場合は、返済期日を35日毎で契約することが条件となっており、契約日の翌日から30日間無利息となります。

 

プロミスの無利息キャッシング詳細はコチラ

 

アコムの無利息キャッシング詳細はコチラ

 

30日間を有効に活用すること

たったの30日間かもしれませんが、30日以内に完済して再度借入する場合も、無利息となりますので、有利にキャッシングすることができるのです。特に、少額の借入は金利が高く設定されますので、無利息期間を有効に利用することで、少しでも返済額を減らすことができます。

 

ノーローンなら何度でも

新生銀行のノーローンの場合は、キャッシンの翌日から7日間という短期間の無利息期間となっています。しかし、期間内に返済をすると、何度でも無利息でキャッシンができます。給料日前に、あと1万円足りないといった時に、ノーローンでキャッシングをして、給料日が来たらすぐに返済すればいいのです。同じ新生銀行のレイクで行っている180日間無利息キャンペーンは、少額の借入を希望する人にお勧めです。5万円までの借り入れが無利息となりますので、初めて借入する人にとってはとてもお得なサービスです。

 

無利息期間の返済日

無利息期間中に、返済日が来たら必ず返済をしておく必要があります。返済を忘れていると、返済日の翌日から無利息期間が終わって、利息が発生するからです。しかも、遅延損害金まで請求されてしまうので、無利息期間のうま味が一気に吹き飛んでしまいます。

 

キャッシング会社では、契約日の翌日から30日間と設定しているところが多いので、予め借入・返済の計画を立てて利用するとよいでしょう。キャンペーン内容の詳しい詳細は、フリーダイヤルに問い合わせをして説明してももらえます。

 

無利息期間の疑問はコチラ

 

人気消費者金融の無利息サービスを比較

 

消費者金融

適用期間

回数

利用条件

アイフル 契約日の翌日から30日間 初回
プロミス 初回借入の翌日から30日間 初回

メールアドレスの登録
「Web明細」の利用

アコム 契約日の翌日から30日間 初回 返済日を35日ごとに設定

申込みの前にキャッシング可能な会社をチェック

日本でキャッシングを行っているのは、銀行、消費者金融、信用系の消費者金融の三つがあります。それぞれに違いがありますので、利用する前にその違いをきちんとチェックしておくようにしましょう。

 

それぞれの会社の単純な違い

まず、銀行ですが、これは言わずとも知れた、地方銀行、全国展開されている大手の銀行など種類は様々あります。銀行の場合は、100万円未満ならば、収入証明書も必要ではありません。次に、消費者金融ですが、こちらの場合は銀行と違って、少ない金額であっても収入証明書が必要となる場合もありますし、総量規制の対象となりますので、借入できないこともあるので注意しましょう。総量規制については後程解説します。

 

信用系は本業のキャッシング会社ではなく、クレジットカード会社が母体となっているような会社です。こちらの場合は、年収以上の借入もできることがあるので、大き目の金額を借りる際には利用することも可能です。銀行と消費者金融の大きな違いは、総量規制です。総量規制とは、年収の三分の一以上の借入はできなくなる、という貸金業法で、消費者金融にのみ適用されます。

 

キャッシング審査の詳細についてはコチラ

 

それぞれの会社のメリットデメリット

銀行のメリットは、他の場合と違って金利率が低いことです。そのために高額融資を受ける際には非常にその恩恵を受けることになります。ただ、代わりに審査が厳しく、その他のサービスもあまり充実していない、というデメリットがあります。銀行を利用する場合は、審査に通過できるだけの信用度があることが条件だと言えるでしょう。

 

消費者金融は総量規制の影響がありますので、高額の融資を受けられないことが多いです。年収以上の借入はまず不可能ですが、逆に少額融資には非常に有利です。審査通過率も高く、審査結果が出るまでも早いので、即日融資にも非常に向いています。また、利用者にとっては嬉しい、無利息期間やポイントなどのサービスも充実していますので、利用しやすく、頻繁に利用するには丁度いいと言えるでしょう。

 

信用系は多額の借入はできる可能性はあるものの、サービスなどの点はあまり良くありません。そもそも、本業ではないために、あまり充実している部分が無いのが特徴ですので、メリットは少ないでしょう。

 

以上のようにそれぞれの会社にはメリットやデメリットがあり、それぞれ一長一短だと言えるでしょう。その中から利用する会社を決める際には、自分自身の目的、借入金額、優先すべきことはなんなのか、ということを良く考えた上で選ぶようにしましょう。

 

キャッシング審査に通過するポイントについて

 

最後に

それぞれの会社にはきちんと違いがあります。それらを理解して、自分自身に合っているキャッシング会社を選ぶことが重要です。

 

また、利用する際には申し込みを乱発すると、ブラックリスト入りの原因にもなりかねませんので、ご利用の際には計画的に行うようにするようにしましょう。キャッシングの乱発はできるだけ辞めて、必要な時だけに利用するようにしましょう。

 

人気消費者金融の審査申込みを比較

 

消費者金融

審査時間

即日融資

在籍確認

アイフル 最短30分 電話
プロミス 最短30分 電話
アコム 最短30分 電話

キャッシングの賢い利用方法

キャッシングを利用すれば、避けられないのが金利です。金利は、お金を貸す事で得られる対価でありキャッシング業者の利益です。法律で金利の上限は定められていますが、キャッシング業者はほぼ上限金利ギリギリで設定をしており、業者毎の金利差はあまりありません。これは金利を下げれば利益も下がってしまうからです。

 

お金を借りたい方は少しでも低い金利の業者を利用したいと考えていますが、業者毎の金利差はあまりないので、金利をアピールポイントには出来ません。なので、特典をつける事で他社との差別化を図り、自社でお金を借りてもらえるようにしている業者もあります。自分にとってメリットを感じる特典があるかというのが業者を選ぶうえでの重要な要素のひとつになります。少しでもお得に利用するためには、この特典は見過ごせません。

 

金利の問題について詳しく知る

 

どんな特典があるのか?

キャッシング業者の多くが特典を付けています。キャッシング業者のホームページでどんな特典があるのかは確認ができますので、キャッシングの利用を考えられている方は、どこの業者の特典が自分にとってメリットがあるのかを調べる事が大切です。

 

以下の2つが、キャッシング業者の特典としては主になっています。

 

・無利息期間が初回利用時に設定される

 

これは、そこの業者で初めてキャッシングを利用する際、金利がかからない期間が設定されます。この期間は業者毎に違いますが、最大30日間金利がかからない業者もあります。

 

一例として、30日間金利がかからない特典を受けて、50日間キャッシングを利用した場合は、金利がかかるのは20日間のみとなります。突発的にまとまったお金が必要になり、今すぐには準備が出来ないが、しばらく後には同等額を用意出来る場合は、少しでも金利を抑える事が出来るこの特典は有効です。

 

・無利息期間が利用開始後に発生する

 

こちらは、会員として登録をしたり、キャッシングの利用日数が業者の設定した日数に達した場合などの条件を満たす事で、金利のかからない期間が発生します。この特典は、長い期間、キャッシングを利用してもらう事が目的となりますので、返済回数や利用日数等の条件をクリアすれば何度も金利のかからない期間が発生する業者もあります。

 

すぐに返済に充てられる金額を用意できそうにない等、長い期間キャッシングを利用する予定であれば、こちらの特典はメリットが多い事もあります。

 

自分にとってメリットがある特典を選びましょう

特典をつけていない業者は、だんだんと少なくなってきました。どこの業者であっても金利に大きな差はありませんが、上記2つの特典の内の一方を付けている業者が多いので、自分にとってメリットが多い特典のある業者を利用する事で少しお得になります。

 

とはいえ、銀行と比較すれば、消費者金融には特典がありますが、高い金利が基本的には設定されています。なので、利用額や利用期間を考慮し、無理なく返済ができ、かつ返済額を抑える事が出来るのはどこの業者になるかを考える必要があります。

 

低すぎる金利の会社の危険性について

 

人気消費者金融の金利を比較

 

消費者金融

上限金利

下限金利

アイフル 18.0% 4.5%
プロミス 17.8% 4.5%
アコム 18.0% 4.7%
限度額はどのように決定する?

限度額とは、キャッシングにおいて借り入れを行える上限額のことです。これが存在するため、年収を超えるような借り入れは決して行えません。基本的には年収の1/3が上限になります。

 

この限度額とは、キャッシングの申し込みを行った人の色々な情報を元に審査で決定されます。基本的には借り入れを希望した額を元に、その額の審査を通過できるかどうかになります。

 

キャッシングの審査では何を調べられる?

 

収入証明書が必要になる場合があります

上にも書きましたが、総量規制という決まりがあるため、どのような場合でも年収額の1/3が上限になります。そして、消費者金融では50万円までの借り入れは基本的に身分証明書の提出だけで行えますが、これを超える金額を希望した場合は申し込み時に収入証明書の提出が必要になります。

 

この提出は貸金業法で決められていて、1社から50万円を超える借り入れを行う場合と、既に他社から借り入れを行っている場合、その金額と合わせて100万円を超える借り入れになる場合もこの収入証明書の提出が必要になります。この収入証明書には会社員の場合は源泉徴収票が利用できます。また確定申告書の写しや納税証明書、課税証明書や非課税証明書などの公的な昨年の年収額が記載されている書類が利用できます。

 

希望額の審査に通らない場合があります

例えば申し込み時に30万円の借り入れを希望しても、20万円の限度額にされてしまうようなことがあります。このような場合の原因としては、30万円の借り入れを行うには年収が少なかった場合、また職業の安定性が不安だと思われてしまったような場合、もしくは信用情報に問題があった可能性があります。

 

この信用情報とは、申し込みを行った人のキャッシングやクレジットカードの利用状況のことです。現在はもちろん、過去5年間の利用状況が記録されています。もしこの間にキャッシングやクレジットカード、もしくはその他のローン契約でその返済を遅延してしまったことがあるような場合、それが元で希望額の審査に通らなかったり、審査自体に落とされてしまう可能性があります。キャッシングの審査ではこの信用情報が重要になります。返済の遅延だけはしないように心掛けましょう。

 

限度額があることの利点もあります

この限度額があることで、返済が行えなくなるほどの借り入れは行えません。また現実的には年収の1/3ギリギリまでの借り入れを行えることはまずありません。これは年収=収入と実際の所得は別だからです。

 

実際に手にする所得の額になると、年収の額より税金等が引かれて少なくなります。例えば年収が300万円の場合、所得になると250万円以下になってしまいます。この場合に年収の1/3の100万円の借り入れを行ってしまうと、返済するのは難しいといえます。

 

そのため実際には年収の1/3より低いところまでの借り入れが限界になります。キャッシング会社側も、返済をしてもらえない危険性がある金額までの貸し出しは行わないということです。

 

人気消費者金融の限度額を比較

 

消費者金融

最高限度額

最低限度額

アイフル 500万円 1,000円
プロミス 500万円 1万円
アコム 500万円 1万円
キャッシングの利息を節約する方法

キャッシングは、ATMなどで簡単にお金が借りられることが大きなメリットとなっています。しかし、その代わりに利息がかかるため、キャッシングの際には、将来的にきちんと返済できるのか考える必要があります。利息額は、借りた金額・金利・借入日数の3つから算出することができます。

 

これらの数が大きくなると、その分利息が増えるようになっているのです。そのため、返済の際の負担を軽減したいと考えた場合は、利息を見直すことがおすすめです。利息減らすためには、まず、金利が少ない銀行でキャッシングする必要があります。金利は金融機関によって一定の額に定められており、法律では金利の上限額が定められています。そのため、キャッシングをする際には、できるだけ金利が低く、利子が安い所を選ぶことがおすすめです。

 

中には、悪質な業者があり、違法な金利を提示していることもあります。違法な金利は法律で禁じられているので、その場合は、弁護士に相談するようにしましょう。最近は、初回相談を無料で行ってくれる弁護士事務所もあります。また、「法テラス」は、国によって設立された機関であり、法律の無料相談や弁護士費用などの立て替えも行ってくれるので、利用することをおすすめします。

 

しかし、それ以外の場合は、借りる金額や返済方法、返済金額を工夫すれば、利息を減額することができるのです。そのため、今回は利息を減額するためのコツを紹介します。

 

連続のキャッシング申込みは要注意!

 

借入日数を減らす

利子は借入日数が1日でも長くなれば、その分増額する仕組みになっています。そのため、借入日数を1日でも短くすれば、その分利子が安く済むのです。そのため、ボーナスや臨時収入を得た場合は、そのお金を返済に充てて、早めに完済できるように心がけましょう。

 

中には、生活費や家賃など、生活するうえで必要となるお金を残して、返済に充てる方もいると思います。しかし、利子の金額のことだけを考えたら、生活するうえで必要なお金も返済に充ててしまう方が、お得なのです。その場合、月末になって足りなくなってしまった生活費や光熱費は、必要になった時点でキャッシングする方が、利息を減額するためにはいいと言えるのです。ただし、以下のことは心に留めておくようにしましょう。

 

キャッシングして得たお金は「借金」であることを忘れない

キャッシングの利点は、ATMなどで簡単にお金を引き出すことができることです。そのため、何度もキャッシングを利用していると、キャッシングに対する心理的抵抗が少なくなり、キャッシングを利用することが当たり前になってしまいやすいのです。

 

そのため、借金をしているという感覚を忘れがちです。キャッシュカードでお金を引き出す場合は、自分の口座からお金を引き出しているので、借金はしていません。しかし、キャッシングの場合は金融機関のお金を借りているだけなので、自分のお金ではないことを忘れないようにしましょう。

 

返済時の手数料を節約する

多くの金融機関では、銀行振り込みだと手数料がかかるのですが、ATMで返済する場合は手数料が無料であることが多いのです。そのため、できるだけ手数料がかからない方法で返済することがおすすめです。

 

住宅ローンなどの高額のローンの支払いの際に多く用いられる「繰り上げ返済」は、手数料がかかる金融機関と、かからない金融機関があります。そのため、ご自分の返済計画に合った金融機関や支払方法を選択するようにしましょう。

 

毎月必ず返済する

毎月1万円を返済に充てている人が、2万円返済したからと言って、次の月は支払わなくて済むことはありません。毎月決まった一定の金額を支払う必要があります。

 

返済することができなければ、その分利息が増額してしまうことが多いので、無理のない返済計画を立てて、コツコツと着実に返済できるようにしましょう。 

 

人気消費者金融の返済を比較

 

消費者金融

返済方式

月々の返済

アイフル 元利定率リボルビング方式 4,000円〜
プロミス 残高スライド元利定額返済方式 2,000円〜
アコム 元利定率リボルビング方式 3,000円〜

無利息キャッシングおすすめランキング



アイフルのキャッシング



キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短即日

アイフルは金利/実質年率4.5%〜18.0%で最高限度額/500万円、30日間利息0円サービスがあります。
※アイフルをはじめて利用する人で通常のキャッシングローンを利用する方のみ対象
(おまとめ専用プランである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を利用する場合は対象外)

おまとめプランとして「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の二種類あり。どちらも貸金業法に基づく商品のため総量規制の対象外となります。そのため、どちらとも年収の3分の1を超える申し込みも可能となります。

「おまとめMAX」はアイフルを利用したことのある方が対象のプランですが金利は12.0%〜15.0%なので銀行のカードローンと同等クラスの金利で借り入れする事が可能。消費者金融の借り換えローンで選ぶ場合、お勧めのプランです。

商品のラインナップも豊富なのが魅力。レディースアイフル(女性専用)、事業サポートプラン(事業性融資)、低金利ローン(実質年率4.5%〜9.5%)、ファースト・プレミアムカードローン等があります。

その場で「ご融資可能かどうか」を診断できる一秒診断を始め、正式審査回答までは最短30分。こちらも最短で即日融資が可能です。店舗、自動契約機を利用しなくても即日融資可能です。
※平日14時10分までに申込みを終了した上で契約と振込依頼まで終了した場合のみ可能。



公式サイトへ



プロミスプロミス キャッシング



キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
スピーディ審査 ○※

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミスは、三井住友フィナンシャルグループ所属の消費者金融です。「プロミス」はサービスの名称であり会社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社で金利/実質年率4.5%〜17.8%、最高限度額/500万円フリーキャッシングから借り換え・おまとめでの利用可能です。

おまとめ専用ローンもありで初回のみ、借入日の翌日から30日間無利息で利用可能です。
※条件として申込みの際にメールアドレスを登録した後、明細をWeb明細にする必要あり

審査時間は最短30分。平日14:00までにWEB契約完了で最短即日融資も可能。三井住友銀行提携ATM手数料無料の特典もあります。

公式サイトへ



アコム キャッシング



キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アコム 3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 フリーター・パート レディース 即日振込
最短30分 なし

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループ所属の消費者金融で金利/実質年率は3.0%〜18.0%、最高限度額/800万円 業界でも高い設定となっています。

新規成約率(貸付率)はトップクラス。使途は自由に設定でき、フリーローンの他借り換えローンまで対応。

初回の利用者には30日間金利0円の無利息サービスが受けられます。
※新規契約者が返済期日を「35日ごと」に設定した場合の契約日の翌日から30日間が対象

「店頭窓口」「無人契約機(むじんくん)」「ホームページ」「電話」どの方法でも速やかに審査が行われます。審査結果回答までは最短で30分で、最短即日融資も可能となっています。

※審査完了の後、平日14:00までに本人確認書類がFax送信完了しており、それをアコムが確認できた場合は当日中に指定口座に振込が可能です。

公式サイトへ

ホーム サイトマップ
プロミス アコム レイク キャッシングについて